中国で偽物のiPhoneを製造する工場を摘発

編集元:”http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1438077548/”

1: 北村ゆきひろ ★@\(^o^)/ 2015/07/28(火) 18:59:08.11 ID:???.net
 中国の警察当局が米Appleのスマートフォン「iPhone」の偽造品を製造する工場を摘発していたことが分かったと、複数の海外メディア(英Reuters、米Wall Street Journal、米PCWorldなど)が報じた。

 中国の北京市公安局が、現地時間2015年7月26日にソーシャルメディア「Weibo(微博)」に投稿した声明によると、同局は5月に偽造品生産工場を家宅捜索し、1400台の偽造端末と大量のアクセサリーを押収。主犯格の夫婦を含む9人を逮捕した。

 北京郊外の同工場はガジェット修理店を装い、6本の生産ラインで偽造iPhoneを組み立てていた。数百人の従業員を雇用し、1月以降4万1000台以上を輸出用に生産した。これら製品は総額1億2000万人民元(約1940万ドル)に相当し、ここ数年で摘発された海賊行為では最大規模の1つと言える。

 偽造iPhoneの輸出先は不明だが、米国で偽造品が押収された情報により家宅捜索が行われたことを北京当局が明らかにしていることから、一部は米国に輸出されたと見られる。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/072802485/

続きを読む

[紹介元] iPhoneちゃんねる 中国で偽物のiPhoneを製造する工場を摘発

4~6歳児の4割がスマホを使用、0歳でも1割 総務省による調査

編集元:”http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1438093547/”

1: coffeemilk ★ 2015/07/28(火) 23:25:47.57 ID:???*.net
2015年07月28日 22時48分

 総務省は28日、0歳から小学生の子どもが利用するICT(情報通信技術)に関する初の調査結果を発表した。

 4歳~6歳児で、スマートフォンやタブレットなどの情報通信端末を使ったことがある割合は、保護者が画面などを見せたり使わせたりしている場合を含めて4割を超えていた。0歳児でも1割が利用していた。

 家事などで手が離せないときに、子どもにスマホなどを使わせているケースが多いようだ。

 スマホなどを使ったことのある子どものうち、動画をみたことがある就学前の子どもの割合は67・9%、小学生も56・8%といずれも過半数だった。文字の読み書きや数遊びなどの知育アプリの利用も目立ち、就学前の子どもの38・3%が使っていた。

http://www.yomiuri.co.jp/science/20150728-OYT1T50134.html

続きを読む

「Aukey bluetoothヘッドセットEP-B11」レビュー!あなたの耳をがっちり掴むスポーツマン向けヘッドセット!

こんにちは!今回はAukeyさんから試供品が届きましたのでレビューしていきたいと思います。iPhoneのイヤホン、皆様は何を使っていますか?私は純正のを未だに愛用していますが、ちょうどbluetoothイヤホン気になっていたんですよね。

続きを読む

docomo、au、SoftBankそれぞれのSIMロック解除条件まとめ

編集元:”http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1437976163/”

1: 砂漠のマスカレード ★ 2015/07/27(月) 14:49:23.00 ID:???*.net
5月1日に実施された携帯電話のSIMロック解除義務化。NTTドコモ、au、ソフトバンクの主要3キャリアは義務化に合わせてSIMロック解除の条件や手続き方法などについて公開しているが、NTTドコモは7月7日に条件がやや変更された。これを機に、各キャリアのSIMロック解除の仕組みを、改めて確認してみよう。

●5月1日以前と以後で分かれるNTTドコモのSIMロック解除方法

端末を購入したキャリアのSIM以外を挿入しても通話や通信が利用できないようにする“SIMロック”を解除し、どのキャリアのSIMを用いても利用できるようにする、いわゆるSIMロック解除。従来一部でしか実施されていなかったSIMロック解除が、さまざまな経緯の末、5月1日に全てのキャリアに対し義務化されることとなった。

これによって5月1日以降に発売された端末は、組み込み型の端末などごく一部を除き、原則全てSIMロック解除できるようになった。しかしながらいつでも、どんな端末でも、無条件にSIMロック解除ができるわけではない。制限を設けないと、海外などへの転売目的で端末を購入し、短期間のうちに解約してしまったり、 毎月の携帯電話料金を踏み倒したりする問題行為が増加するため、解除するには一定の制限が設けられている。

またSIMロック解除に必要な条件や、その解除方法に関しては、キャリアや端末の発売時期によってさまざまな違いがある。そこでここでは、各キャリアのSIMロック解除に必要な条件と、解除方法を改めて確認してみよう。

まずNTTドコモは2011年4月より、一部端末を除いて有料でのSIMロック解除に対応している。そのため今年の4月までに発売された端末と、義務化が開始された5月以降に発売された端末とでは、SIMロック解除の条件や解除方法に違いがある。

今年の4月までに発売された端末の場合、SIMロック解除に対応した端末をドコモショップに持ち込み、3000円を支払えばSIMロック解除は可能だ。「ネットワーク利用制限」や「おまかせロック」、「ケータイ補償ロック」がかかっていない端末であれば、今日購入した端末や、中古端末などであっても基本的に解除できる。

ただし全ての端末がSIMロック解除できるわけではなく、特に人気が高いアップルのiPhone・iPadシリーズは解除非対応端末となっている点に注意されたい。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150727-01065731-trendy-sci
日経トレンディネット 7月27日(月)12時14分配信

続きを読む

auメール障害は未だ完全復旧せず 対策方法はアカウントの再設定

編集元:”http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1437985818/”

1: 海江田三郎 ★ 2015/07/27(月) 17:30:18.45 ID:???.net
http://news.mynavi.jp/news/2015/07/27/332/

auメール「@ezweb.ne.jp」の障害は、発生から約2週間後の27日時点でも、一部のユーザーにおいて継続している。KDDIは、「復旧への対処はかなり進んでいる」としながらも、不具合の改善が見られない一部のユーザーに対し、端末の再起動やアカウントの再設定を呼びかけている。

27日10時時点で、メールの送受信は可能となっているが、一部のユーザーにおいては、過去メールが閲覧できないなどの不具合が継続。同社広報部は、「復旧への対処はかなり進んでいる。今後は個別のお客様の問い合わせごとに対応していきたい」と回答している。また、現時点でも不具合の改善がみられないユーザーについて、「端末の状態とKDDI設備の状態が整合していない可能性がある」とし、ユーザーの状況に合わせた対策方法をアナウンスしている。

不具合の改善が見られない場合の対策方法

(1).iPhoneで「◎Eメール」で始まるメールアカウント利用時の対策方法
1.アプリ「Friends Note」で連絡先をバックアップする
2.メールアカウントを削除する
3.端末の「再起動」をする。
4.メールアカウントを再設定する

(2).iPhoneでメールの「未読マーク」が消えない/見当たらない際の対策方法
1.メールボックス画面上部の「編集」をタップ
2.「未開封」フォルダにチェックを入れる
3.画面上部の「完了」をタップ
4.「未開封」フォルダが表示される

(3).(1)(2)に該当しない場合の対策方法
1.端末を「再起動」(電源OFFからONに)する

「@ezweb.ne.jp」の障害は、KDDIの設備拠点における火災報知機の作動影響により、12日午後6時26分頃から発生したもの。796万台のau携帯電話に影響を与えた。

続きを読む

7年間でテレビゲーム市場規模は半減、ソシャゲは1400倍

編集元:”http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1438006212/”

1: ランサルセ(東日本)@\(^o^)/ 2015/07/27(月) 23:10:12.11 ID:Yv4+axfg0.net BE:837857943-PLT(12000) ポイント特典
sssp://img.2ch.sc/ico/u_giko_ebi.gif
2014年に国内で販売されたゲーム機とソフトの市場規模は、前年から8.9%減の約3733億円で7年連続で減少していることが27日、ゲーム業界団体のコンピュータエンターテインメント協会(CESA、岡村秀樹会長)が発行する報告書「2015 CESAゲーム白書」で明らかになった。任天堂の携帯ゲーム機「ニンテンドーDS Lite」が大ヒットした2007年の約7113億円から半減しており、テレビゲーム市場の縮小が続いている。

CESAは毎年、日本のゲーム会社の市場規模を算出している。ゲーム機の市場規模は前年比11.7%減の約1377億円で2年連続減、ソフトは同7.1%減の約2356億円で4年連続減だった。また大ヒットの指標となるミリオン(100万本)を売り上げたゲームは、「妖怪ウォッチ2元祖/本家」や「モンスターハンター4G」(いずれも3DS)などで、前年と同数の6タイトルだった。

一方、ソーシャルゲームの市場規模は、7年連続の増加で、4億円だった2007年から約1400倍の5622億円に拡大した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150727-00000018-mantan-game

続きを読む